思いがけないこともあるものです。

ametarou.exblog.jp
ブログトップ

ファモチジンを使うよりもアルコールの量

ファモチジンを使うよりもアルコールの量を減らすこと痛いのならやめておけばいいのに、毎日のように欠かさず胃に負担のかかるようなお酒を呑んだりとか、脂っこいものを食べていたら、当然のような結果が現れてくると私は思っています。思っているのならやめれば良いのですが、それが辞められないために、結局は毎日のように同じことを繰り返してしまうわけなんですよね、、、どうしてこのようなことを繰り返すのでしょうかね?当然のようなことを、毎日のように繰り返してしまうんだったら、ヤメればいいのに、、、アルコールを飲むことは悪いわけではありません。ただし、負担をかけるほど過剰に飲み過ぎることで、胃痛や胸焼けになります。そこでファモチジンを服用するという選択肢を選ぶんですが、それで良いのだろうかと考えなくてはいけません。確かにファモチジンは胃粘膜をケアしてくれるために、改善には繋がるのですが、先々のことを考えると、毎日のようにファモチジンを服用しても逆に負担がより強くなるおそれがあるわけなんですね。それよりももっと必要なことを考えるべきではないかと思います。必要なことを考えて、どれだけ自分にあったことをやるべきなのかを行うことで、これから先にも繋がるわけなんですが、つまりアルコールの量を減らすとか、ストレスにならないように工夫をするとか。そうすれば、ファモチジンの服用回数はかなり減るはずです。
http://xn--vbk3a7d9a0gqd0f946xwqc5segs0v.net/

ほんのちょっとした考え方なんですがこのようなことを普段からどれだけ考えていけるのか?姿勢を整えてからどんなことを考えてから毎日のようにやり続けるのかで大きく変わるはずです。

[PR]
by tekimikataniwakar | 2016-07-30 10:56